今年の新作ヒノキのウインザーチェア(ひじ掛付き)






















今年の新作ヒノキのウインザーチェア(ひじ掛付き)

ねらいは、〇座り心地と美しさ、〇地域の材をそのまま活かす、そして、〇コンパクト・軽量


座り心地と美しさは好みがあるので、今度の「木工家がつくる椅子展」、「木の家具40人展」で、ぜひ実物で評価して頂きたいと思う


地域の材の活用については、いろんな試みが始まっている 

針葉樹の更新が課題となっている現在、ヒノキ、スギはもっと使われるといいと思う

針葉樹の枝は広葉樹並みの曲げ強度であることがわかったので、新しい材料として、「山の駅ふくべ」さんなど山とのつながりを大切にして、更なる活用を図っていきたい


写真のものは、座面幅470㎜、背高500㎜  重さは実測4.7㎏と、ねらい通りコンパクト・軽量に仕上がった

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事