安全性試験(つづき) 「キッズブランチチェア」


覚悟を決めて、いよいよ30Lプラバケツに水を張って要求の30kg。これはセットするのも大変。ハラハラしましたが、1分間をなんなくクリア。ヒノキ枝、すごい!


余裕が出たついでに安間さんにぶら下がってもらいました。安間さんは体重50㎏とのこと。

試験体は2体とも無事50㎏をクリアしました。

が、安間さんのぶら下がりで、さすがに1体は座面上面後ろ側に小さな割れが入りました。枝の方ではなく座面の方が負けているということです。(でもぶら下がりに支障はありませんでした)


ちなみに、そのほかの試験について

SG基準では、座面の衝撃試験があり、10㎏の砂袋を150㎜の高さから計250回落し異状がないことが要求されています。が、今回は大人二人(計130㎏)で座面に乗ってみたところ何ともないので、省略しました。

傾斜安定について、座面中央に直径200㎜高さ300㎜重さ15kgの重しを載せて、前後・左右に20度傾けても倒れないこと、という要求があります。ウインザー型では脚端が座面の外側にでているので、十分余裕があります。


安全なイスという意味では、ウインザー型は幼児用にぴったりなイスといえますね。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事