I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア

  あっという間に、もう来週末になりました。今年は、「木の家具40人展」に参加し、「ヒノキのウインザーチェア」を数台制作して出展します。

5/31(金)~6/2(日) 10:00~18:00/最終日~17:00

電気文化会館5F 東・西ギャラリー

地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」 4番出口より徒歩2分 

http://woodworkers.jp/

May 28, 2018

今日、美濃和紙の座面を編み上げ、これで展示する予定の作品はすべて完了です。ところが、キャプション5点、名刺、ポスター、パンフ、小物の包装、キャプション立て・・・・などなど、細かい作業が日に日にリストに追加になる。急遽、東京に行くことになったり、その結果として展示会にどう反映するか、いろいろ考えることも増えたり。ぎふ証明材の報告もあるし・・・・・。明日は、取り敢えず持ち込むものを作業場に集結することに。31日は午前中病院に行って、夕方現地へ搬入の予定だが、これだけは動かせないから決まっているだけの予定。木工は体力、加えて気力、というこ...

May 12, 2018

           

もう1か月を切りましたが、例年の通り6月1日(金)から、木工ウィークNAGOYA・2018が始まります。今年はなんと、伏見のおしゃれなcafe&shop「moriwaku cafe(モリワクカフェ)」さんで、独立して展示会を開催することになりました。開催期間は6月1日(金)朝11時から、6月10日(日)夜6時まで。私は、1日~3日と9~10日は会場につめる予定です。詳しくは、木工家ウィークNAGOYAのHP http://wooodworkers.jp を。企画展の中の〔4〕 樹のある暮らしの手づくり家具展 が...

2017.11.4 (土) 10:00~15:30 美濃市 うだつの上がる街並み

「67」で、iwai工房さんと一緒です。

同じ表具屋さんで「68」は、安藤竹細工店です。

October 27, 2017

先日、ヒノキの枝と一緒に山の駅ふくべから分けてもらったヒノキのタンコロ(伐採した樹の根元の部分 ピンコロともいうそうです)。山に放置されたりしますが、質が良く、大きい材が取れるので、なんとか有効利用したい材です。太いところの直径が40㎝強で長さが50㎝のが、2個。各30cmクラスが2個。重さは30㎏以上はありそう。ツバキラボのバンドソーは直径40㎝まで製材できますが、実際には生材は、とにかく重いし、切れた部分がノコ刃を挟み込むので私には手に余る。大きい方は、まず、鉄たがねと木のクサビ(ナラで応急制作)で、半分に割りました。これが一仕...

October 12, 2017

木づちの後は、今日はヒノキの枝取り。(このところ、加藤理香さんの行動パターンに似てきた気がして、なぜか

うろたえています。)「山の駅ふくべ」の皆さんが火曜日に降ろして下さっていた、大量のヒノキの枝。普段は、山に入って、あそこに、いやあっちの方にもっといい枝がありそう、的なモードでの作業ですが、今日はありがたいことに宝の山が目の前にある。今日は皮を剥いて乗せられるだけ持って帰るぞ、的モードで、欲の出し方が違う。問題は公称160本(実際は200本を越していたと思う)の大量の枝の皮を、体力内で一人でどれだけ剥けるか、です。写真は、大量の枝の...

「ぎふの木フェスタ」、「美濃和紙あかりアート展」と続いたので、ここのところ先延ばしになっていた作業の棚卸状態です。今日は、下牧保育園の「メルヘンのおうち」の整備。2013年7月に始まった下牧保育園でのWSで、2014年10月に保育士さんたちが作った2代目の4台のうちの1台。貫が1本こわれて、そのままになっていたもの。1本新調し、ホゾを調整し、表面のお化粧直し、先端の処理など、この際出来る限り手を入れて組み立てました。でも作った時の写真を見ると、一番変わって見えるのは、ピンクのゴム輪くらいかな。

遊具の遊び方は、こんな感じです。

October 10, 2017

今日もつづいた木づちづくり。ようやく予定をやり終えたところで事情に変更があって、更に追加することに。先ほど終わって遅れて帰宅。追加の成果物の写真がこれ。今回はテイストを変えて、いわば新ブランドです。が、

槌の左向きが”新”、右向きがベイシックですが、果たして違いが分かってもらえるか。

October 9, 2017

あかりアート展が終わってやや疲れが残る中、今日から平常作業。頼まれた木づちづくりです。

左から、サクラが2本、ヤマボウシ、キンモクセイ、エゴノキ。持ち手はすべて、サクラの枝の削り出し。

この後、カシの槌と、キンモクセイとヒノキの枝の持ち手のバージョンが増えます。

槌&持ち手の形、握り心地、振り心地、槌と持ち手のバランス、なかなか奥が深い。 

October 8, 2017

あかりアート展の合間、先日名和さんが取り上げてくれたSlow WOOD CREATEの出来立てのパンフレットがきっかけで、渋谷太郎さんがツバキラボを訪ねてくれました。渋谷さんは、岡山県の津山市森のようちえん ことこと の園長さん。森林文化アカデミーによく来られているとのこと。実際、工房に入った途端、作業中のツバキラボの会員さんから声がかかり、何人かの知り合いの知り合いだとわかりました。

ヒノキの枝を使ったものづくりに関心があるとのことで、いろいろと紹介させてもらいました。初めての遠方からの来客でうれしかったのと緊張したこともあり、なが...

Please reload

  • Facebook Basic Square

October 27, 2017

October 11, 2017

October 10, 2017

October 9, 2017

Please reload

最新記事
タグから検索
特集記事
アーカイブ
Please reload

ブログ

アクセス  作業場 (ツバキラボ内)

​       岐阜市椿洞1228

お電話 

090-4744-0002